記事の詳細

WordPressをインストールした後、そのまま記事を書いて公開することは、もちろん可能です。

しかし、インストール後、記事を書く前に行う必要があるところが、たくさんあります。

1つずつ確認をしてみましょう。

設定1:一般

最初に見るべきところは「設定」→「一般」となります。

設定一般

サイト名 ウェブサイトのサイトタイトルを入力します。
キャッチフレーズ ウェブサイトの説明を入力します。
WordPress アドレス (URL) WordPressをインストールした場所のURLを入力します。
サイトアドレス (URL) WordPress(ウェブサイト)のトップページのURLを入力します。
メールアドレス ここに入力をしたメールアドレスは新規ユーザーの通知などサイト管理のために使われます。実在をして受信ができるメールアドレスを入力します。
メンバーシップ ユーザー登録に関することです。自分以外投稿しない場合はチェックを外します。
新規ユーザーの
デフォルト権限
デフォルト権限グループを選択します。
タイムゾーン 東京を選択します。

設定2:投稿設定

「投稿カテゴリーの初期設定」や「デフォルト投稿フォーマット」などを必要に応じて設定をします。

初期設定で問題ありませんので、必要なければ再設定はしなくていいでしょう。

設定3:表示設定

表示設定

フロントページの表示
  • 最新の投稿:最新の記事を表示します。ブログ的に使う場合は「最新の投稿」がよいでしょう。
  • 固定ページ:任意のページを表示します。ウェブサイトのように特定のことを表示したい場合はこちらを選択します。
1ページに表示する
最大投稿数
最新の投稿を選択した場合、トップに表示する記事数を入力します。
RSS/Atom フィードで
表示する最新の投稿数
RSS/Atom フィードで表示をする投稿数を入力します。
RSS/Atom フィードでの
各投稿の表示
RSS/Atom フィードでの各投稿の表示数を入力します。
検索エンジンでの表示 チェックは外します。チェックすると検索エンジンのクローラーをブロックします。

設定4:ディスカッション

コメントやトラックバックに関する設定です。

必要に応じて設定をしましょう。

設定5:メディア設定

設定:メディア設定

アップロードする際の画像に対する設定です。

各種サイズをすべて「0」にするとサムネイルなどを生成しません。

設定6:パーマリンク設定

設定:パーマリンク設定

投稿記事のURL出力を決めるパーマリンク設定です。

通常はデフォルトで構わないと思います。

たとえば、ウェブサイトのように各記事をカテゴリの下に配置したい場合などは「カスタム構造」を選択します。

使用可能な構造タグを以下に記載します。

WPタグ タグの内容 出力例
%postname%
  • パーマリンクにおいてファイル名を入力して決める
  • ファイル名がない場合はタイトルが適用される
tour
%post_id% 記事の固有ID 49
%category% カテゴリー名 cat1
%tag% タグ名 happy
%author% 著者名 SATO
%year% 投稿した年度(4桁) 2014
%monthnum% 投稿した月名(2桁) 07
%day% 投稿した日付(2桁) 22
%hour% 投稿した時刻の時(2桁) 15
%minute% 投稿した時刻の分(2桁) 09
%second% 投稿した時刻の秒(2桁) 21

パーマリンク設定の注意

上記でカスタム構造にして「%postname%」を使うと、自身でファイル名を決定する必要があります。

記事を書くごとにファイル名を決めることは、結構大変です。またそのWPをお客さんに納品する際は説明が必要です。

もしファイル名を入力しないと、タイトルが適用され、ファイル名が日本語の場合日本語で出力されます。

意図的にやっている場合はいいですが、URLに長々と日本語が適用されることをきらう方もいます。

なので、このパーマリンク設定は慎重に行いましょう。あとで変更をすると、すべてのパーマリンクが変更されてしまい、せっかく検索エンジンにキャッシュされたページもなくなってしまいます。

私がいつも利用するカスタム構造

私がWordPressを使う場合は以下のカスタム構造で出力を指定ます。

  • /%category%/%postname%.html

このようにすると通常のウェブサイトのようにカテゴリ以下に配置された「ドメイン/カテゴリ/○○.html」という形で出力をされます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る