記事の詳細

Movabletypeのアップグレードはとても簡単です。

もしデーターベースをSqliteにしている場合、本当に簡単です。

たとえば4.0→4.37などにアップしたいとき、4.37のシステムフォルダをFTPなどでアップします。

私はいつも「zipファイル」のままFTPでアップしてSSHで解凍する時が多いです。

そのzipファイルには、あらかじめ必要なプラグインなども入れておいて圧縮してあるわけです。

システムフォルダが上がったら古いサイトからdbフォルダを落としてきて、新しいシステムフォルダにアップします。

「mt.cgi」にブラウザでアクセスをすればアップグレードが走ります。

アップグレード開始をクリックするとすぐにアップグレードがスタートします。

ユーザ名とパスワードを求められる時もあります。

Movabletypeのアップグレード

記事が100記事以下であれば、あっという間に終わってしまいます。

Sqliteであれば、もしアップグレードに失敗した場合、データーベースが格納されているフォルダよりdbファイルを削除すれば、何回でもやり直しがききます。

もし、あなたのMTが3系であれば、ぜひ4系以上にアップグレードすることをおすすめします。

簡単ですので、ぜひトライしてみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る