記事の詳細

MTOS(Movable Type Open Source)は次のバージョンである6系より提供はされません。

2ヶ月前の内容で、かなり古いのですが・・・確認のために。

シックス・アパートより正式に発表がありました。

これにより、MTOSは4系、5系と非常に短い時間で終了になってしまいました。

Movable Typeは個人使用に限り無償で使えますが、商用やビジネスの場合には有償ライセンスとなります。

MTOSが存在していれば、制限があるものの商用やビジネスに使用ができるという非常にメリットがありました。

6系でMTOSの提供がないとなると、今後ますますMT離れが進みそうです。

MTファンの一人として、かなり残念です。

一つ助かったのは「これまでに配布した MTOS については、そのライセンスは今後も有効でありつづけます。」との一文です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る