記事の詳細

ホームページを制作、そして運営をする上でコストがかかる所を確認しておきましょう。無料ホームページサービスや無料ブログを使って運営をすれば、その運用費用は無料です。

しかし、ホームページはただアップすればいいというものではありません。また無料には無料のリスクやデメリットがあることも理解する必要があります。

こちらのページではホームページを制作、そして運営する上で必要となるコスト、また発生する費用などをチェックしてみました。

まずが業者に発注をする場合です。

ホームページ制作

初期費用として一番費用がかかる、ホームページ制作です。

ただ、現状ホームページ制作の費用や料金は下降の一途をたどっています。それだけ業者が増えたこと、飽和状態になっていことなどがあげられます。

安いところでは1万円程度で制作する業者もありますので、その内容を見てみたい気もします。

ただ、制作物はデジタル納品ですので、送料も保管も必要ないので業者自体の手離れはいいことはあります。

それでも業種に特化したり、コンサルティング等が併用されている、検索エンジン対策などが保証されるなど、高額な見積もりもあります。

業者にホームページを頼むときのチェック項目を確認してみましょう。

制作費用

その制作費用にはどこまでが範囲なのか、必ずチェックをして見積もりを取ること。

たとえば、記事の代行やページ追加、画像撮影などがオプションになっている場合もあります。総額がいくら掛かるのかを確認しましょう。

独自ドメインの名義

独自ドメインで制作をする場合、そのドメイン名義はどのようになっているのかを必ず確認します。制作費用にドメイン代込みという場合は業者名義の場合があります。

また月額契約などをする場合も、業者名義の場合がありますので注意をしましょう。最悪コンテンツは自分で作りなおすとしてもドメインはホームページ運営者の財産です。絶対に自分の名義にであることを確認します。

もしくはドメイン自体は自身で取得をして、そのドメインに対して制作を頼むという方法がよいでしょう。

月額契約など、契約を切った時点でドメイン譲渡されない、またその譲渡費用や譲渡手数料などを取られる場合もあります。

ドメインはあなたの財産です。必ず自身で取得をして自身の管理下におくようにしましょう。その際、後述をしますが年額がかかります。

月額契約

サポート費用、レンタルサーバー代などで月額がかかる場合はきちんと見積もりを取ります。その見積にあったサポートがあるのかを確認することは大事です。

また契約はいつまで続くのか、途中解約はできるのか、業者自体が存続しない場合はどうなるのか、契約破棄の場合、そのホームページやコンテンツの著作権、所有者はどうなるのか・・・非常に大事な問題です。

業者自体は月額契約をできるだけ切られないよう、あの手この手で言ってきます。とにかく最初の契約時にきちんとチェックする必要があります。

リース

基本的にホームページ制作運用をする際、リース契約ということはやってはいけません。月額5万円で5年計約などしようモノなら、本当にヤバイです。トータル300万円ですよ。

5年後、インターネットの世界はどのようになっているかわかりません。業者の口車に乗せられてはいけません。詐欺とは言いませんが、それに近い契約です。なぜならホームページ運営するのに年に3,000円もあればできるのですから。

業者の口から「リース」や「3年契約」などの複数年にまたがる契約の話が出たら、絶対にその場でハンコを押してはいけません。

制作費用0円

ホームページ制作で検索をして業者探しをしていると、このような制作費用0円や制作費用無料という業者があります。これのカラクリは簡単で単に月額費用でペイしているのです。

通常数千円から数万円の月額費用が請求されます。それもただホームページをサーバーにあげておくだけです。基本的に修正や記事アップなどは別料金です。

また数ヶ月で解約はできません。1年単位、もしくは複数年の縛りがあるはずですので気をつけましょう。大体においてタダほど高いものはないということは、ホームページの世界も一緒です。契約を切る時、ドメインやサイト、コンテンツは譲渡されない場合がほとんどですので、その点も気をつけましょう。


さて、自分でホームページを制作、運用する場合も考えてみましょう。

ドメイン代

独自ドメインで運用をする場合、ドメイン代がかかります。基本的にドメイン代は月額ではなく年額となり、1年更新の場合がほとんどです。

またほとんどの登録業者が複数年数での更新を受けていますので、絶対に失効をしたくないドメインは複数年先払いをしたり、クレジットカードを登録して自動更新をおこなっておきましょう。

ちなみにドメインを執行すると、2ヶ月くらいでだれでもそのドメインを取得できるようになりますが、運用年月が長かったり強いドメインの場合、再取得はかなり難しいと思っていいでしょう。

大切なドメインは絶対に失効をしないよう気をつける必要があります。

通常取得する「com」「net」「info」「biz」などのドメインは年額1,000円程度でしょう。「jp」などのドメインは数千円する場合があります。

レンタルサーバー代

このところのレンタルサーバーは非常に安くなりました。普通に使う分には月数百円のレンタルサーバーで十分です。

私もたくさんのホームページを運営していますが、そのほとんどが月額数百円のレンタルサーバーを利用しています。ただビジネスに使っているホームページやネットショップは月額数千円のサーバーも利用しています。

それでもレンタルオフィスなどを借りると思えば、その月額ははるかに安く、契約も簡単ですし、解約も簡単です。

日本国内のレンタル・サーバーであれば、問題になることは少ないので、まずは月額500円以下のサーバーでスタートをしてみてはどうでしょう。

さて、ホームページを運用する上で、自分でホームページを作れば「ドメイン代」「サーバー代」の2つのコストは絶対に必要になります。

それでも2つ合わせて年額5,000円、ちょっといいレンタル・サーバーを借りても1万円程度で十分です。

もしあなたが業者と契約をしていて、月額数万円請求されている場合、その内訳や内容、サポート状況などをチェックするとよいでしょう。


ここまでは最低限かかる費用です。次は更新や運用に関してです。

記事の更新

あなたはホームページの更新を自分で行っていますか?記事の更新をライターなどに発注している方も多数います。記事ライティングのライターさんと契約をして1記事いくらや、何文字いくらで執筆をして貰う場合もあります。

ホームページは記事更新が非常に重要です。特に全く更新がされていないホームページは検索エンジンの評価が低くなる可能性があります。自身で記事が書けない場合はライターさんに記事を頼むのはいいことです。

全てその記事を使うのではなく、たたき台とすれば貴方自身の記事執筆労力も軽減されるでしょう。

更新代行

上記の記事執筆代行とあわせてブログなどの管理画面をライターさんに渡し、契約どおりに記事を執筆投稿してくれるサービスもあります。

ある程度ホームページに沿った内容、事前の打ち合わせや投稿頻度などのすり合わせは必要ですが、本当に自身が楽をできます。記事執筆が苦手は方は考えてみてはいかがでしょう。

取材費

ホームページの記事について、手を抜くことはあまりいいことではありません。というのは無意味な記事、内容の薄いコンテンツは、検索エンジン的にマイナスになります。

たとえば誰も読まない、誰もアクセスしないページが大量にあると、評価が非常に下がります。

それよりも、だれもが見て、滞在時間が高くなるようなページを作る必要があります。その場合、取材が必要になる場合があります。ぜひ取材費を計上して誰もが見たくなるような記事、コンテンツページを作りましょう。

コンピューター・周辺機器

私は自分の使うコンピューターを1、2年で買い換えます。古いコンピューターは遅いことはもちろん、クラッシュする可能性も高くなります。そのような理由から買い替えスパンはけっこう短めです。

また同様の理由から複数台のコンピューターを所有します。どれかがトラブルを起こしても、すぐに代替機が手元にあるようにしておきます

プリンターやデジタルカメラなども同様の理由で、数年おきの買い替え、複数台を手元に置くということをしています。


ホームページを制作、運用するには、かなりのコストが掛かります。それは自分で制作、運用をしてもコストがかかるのです。

一番コストがかかるのは「あなたの時間」なのです。ホームページを運用することがあなたの仕事ではない場合、できればそこに時間を掛けたくないはずです。

しかし、ホームページの運用がビジネスの根幹を支えている場合、きちんと時間、そしてコストを掛ける必要があります。

一番やってはいけないことは、すべてを業者に丸投げ、どうなっているのかわからない状態です。業者まるなげするのなら、最初からホームページの運用などやらないことです。

簡単なページでも構いません。まずは自身の手で作って、アップして、表示をしてみてください。

そうすれば、ある程度の時間、そしてコスト感覚がつかめるはずです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る