記事の詳細

ホームページを作る場合、絶対に必要なスキルとして「HTML」と「CSS」があります。この2つの基本的なことを確認していきましょう。

ホームページ制作をする上で、この2つは必ず覚える必要があります。もちろんホームページ制作ソフト(Dreamweaverなど)を使えば、一つ一つのタグなどを覚える必要はないでしょう。しかし、その内容を知っておくことにより、より幅広いことに対応できます。

それでは、順番に見て行きましょう。

HTMLとは

ホームページを構成する言語の一つです。HTMLは「はいぱー・てきすと・まーくあっぷ・らんげーじ」(HyperText Markup Language)のそれぞれの頭文字を取っています。

難しく言えばホームページ制作をする上で使用されるプログラム言語です。もちろんこのページもHTMLを使って書かれています。

コンテンツ記事や画像の配置などを「HTMタグ」という各命令を付与してホームページファイルを定義していきます。

またHTMLには色々なバージョンがあります。

XHTML

HTMLの後継仕様で、上記ホームページを作るためのHTMLを定義しなおしています。

XHTML(Extensible HyperText Markup Language)はHTMLを、XMLに適合するように定義しなおしたマークアップ言語です。W3Cが仕様の策定をしています。

なぜにこのようなことを定義したかというと、インターネットなどデーター送受信にXMLが使用されることを前提としてHTMLもXML系で扱える方がいいとの理由です。

HTMLと違い、タグの省略が許されない・・・など書式が厳密になっています。また文書構造の指定に特化しており、スタイルやレイアウトの指定はすべてCSSによって行います。

HTML5

HTML5はHTMLの5回目に当たる大幅な改定版です。いままでHTMLでできなかったことが簡単にできるようになります。

ブラウザの進化があるのですが、簡単なタグ一発で動画、音声、描画や位置情報取得などが行えます。またコレまで使えたタグが相当数廃止されていることにより、HTMLが非常にシンプルに書けるようになります。

この背景にはスマートフォンの台頭が大きいようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る