記事の詳細

ホームページを作ることはほんとうに難しい作業と思います。なぜならホームページを作り上げ、それをサーバーにアップして公開するという作業自体、非常に沢山のソフトウエアやスキルを必要とします。

もちろん現在は、無料のブログや簡単にホームページを公開するツールなどがあります。それでいい場合は、そんなに苦労をしないでしょう。そのサービスであなたの求めるホームページが出来るのであれば、全く問題ありません。

しかし、ある程度自分の求めるデザインや、今後の修正、更新などを考えると、無料サービスやツールでは出来る範囲も限られる場合があるでしょう。

またサービスの終了に伴う、移管なども必要になるでしょう。

以上のことを考えると、ホームページ制作を自分で行うのではなく、業者に依頼をするという選択肢を考えるのも当然と思います。

しかし、当サイトではホームページ制作を業者に頼むことをあまりおすすめしません。厳密に言うと、まずは自身でホームページを作り、公開をするという一連の流れを経験して、ドメインを自分で管理できるようになってから依頼をすることをオススメいたします。

何もない、全くわからない状態から業者に依頼をすると、どのようなホームページになるかわかりません。それこそ業者の言われるままになる可能性が高いです。

ホームページを構成する一番大切なモノ

ホームページ制作をする上で、一番大切なのはなにかご存じですか?

それはコンテンツです。

記事やコンテンツはあなた自身が用意する必要があるのです。何から何まで全部業者が用意することはありません。

業者はホームページの受け皿となるデザインやそれを構成するHTML、画像などは用意できるでしょう。しかし、中身の記事やコンテンツを用意することはしません。

そこはあなた自身が作り上げる必要があります。

実際問題として、ホームページを作る上で一番大変な部分が、このコンテンツ作りです。逆に考えれば中身や記事、コンテンツが用意できれば、ホームページのデザインやガワなどはいくらでもなんとでもなります。

ちなみに当サイトの構成は、記事コンテンツは私自身がすべて作っていますが、デザインはホームページデザインテンプレートを廉価で購入をして当てています。

デザインテンプレを使うことにより、公開も早くでき、また新しいデザインに変更することも簡単だからです。

まずは自身で作ってみる

どんなことでもそうですが、まずは自身でやってみるということは非常に大切で、ホームページ制作も例外ではありません。もちろん、一から全て行うと時間がかかりますが、記事コンテンツを作ることは、業者に頼む場合も行う必要があります。

まずはホームページの構成を考え、それに対するタイトルや見出しが決め、記事コンテンツを書いてみませんか。

これならテキストエディターやワードなどでできます。そのような構成やコンテンツが手元にある状態で業者に頼むことは非常によいとおもいます。

ドメインは必ず自身で取得をする

当サイトでは何度も言及をしています。大切な財産であるドメインは必ず自分で取得をしましょう。

ホームページを運営する上で、ドメインとコンテンツは財産です。この一番大切な部分も人に依存するのであれば、ホームページなど運用することはやめたほうがいいと考えます。

ドメインの取得は全く難しくありません。当サイトで解説をしている流れでゆっくりやっても2時間もあればできます。

自身で取得したドメインで、必ずホームページは作る。その条件を受けることができないホームページ制作業者とは取引をしないほうが無難と私は考えます。

サーバーなどは、いくらでも移管できます。しかしドメインとコンテンツは絶対に自分のモノにしておくということは肝に銘じてください。

検索エンジン対策は業者に頼まない

2012年ころまで、当社にもたくさんの検索エンジン業者やSEO業者から営業電話が来ました。それが2013年を堺にぱったりとなくなりました。

小手先の対策は淘汰されたのです。

いままで「リンク」がたくさんあれば上位表示できたということで、業者などが大量リンクや自作自演リンクを大量に販売や対策をしていたのです。

コレが今やどうなったかというと、逆にリンクを外すということに追われています。

もしあなたがこのようなリンクを中心とした対策を業者に頼んだ場合、上記のリンクは自身で外すことはかなり難しくなります。

一体どのようなリンクがされているのか、管理ができないからです。絶対に検索エンジン対策、とくに外部要素に関して業者に依頼することはやめましょう。

内部の対策であれば、ホームページのHTMLの修正で管理ができます。

CMSは使わない

業者がサービスしているCMS(コンテンツマネジメントシステム)はできれば利用しないほうがいいでしょう。その業者と契約が切れた時点で、そのシステムの利用ができなくなります。

また、もし利用をする場合は、吐出されたコンテンツの著作権は自身に権利があるということを確認しましょう。

出力ファイルが自身に権利があるという前提で、ファイルがHTMLの静的ファイルが出ていることが望ましいです。なぜならHTML静的ファイルが出ていれば、自身で管理運営をすることが可能で、それまで行ってきた検索エンジンの評価や歴史がすべて受け継ぐことができるからです。ここでもドメインを自身が管理していることが前提です。

CMSを利用する場合、WordPressやMovableTypeなどの汎用CMSなら問題ありません。この場合もデーターベースをバックアップ、エクスポートができること前提です。

業者に頼む上で

それでは、一体に何を業者に頼めばいいのでしょう。どのように考えればいいでしょう。

基本的にはデザインを頼むことはいいでしょう。あなたの好むデザインがテンプレートにない場合、業種に合うデザインや色合いなどはワンオフで作ってもらうほうがいいですから。

その場合も記事コンテンツは自身で作る必要がありますから、依頼をする前に構成や記事コンテンツを用意した状態で依頼することをおすすめします。

デザインされたホームページに記事コンテンツをいれこんで、内部リンクを施してもらった状態で納品をしてもらえば、あとはあなたがレンタルサーバーにアップロードするだけです。

このような流れであれば、月額がかかることもありません。また管理や修正もあなた自身ができます。

元データーをもらう

ホームページを構成する画像も、この時に納品されますが、もしできたらこの画像を作った元画像ももらえるかを契約前に確認をしましょう。

イラストレーターやフォトショップ、ファイヤーワークスなど画像処理ソフトで作られたこの元画像があれば、デザイン上で必要な画像の修正が可能です。

たとえば、画像に入っている文字やメッセージは、ホームページを構成している出力後の画像を修正することは至難の業です。単色上の文字なら新しく作りなおせば問題ありませんが、背景や人物の上に乗った文字は元画像がないと修正ができません。

逆言えばこれが業者の切り札になります。なので、契約前に必ずこの元画像の納品が可能かを確認しましょう。

ベーステンプレートをもらう

通常、HTMLで構成をされたホームページを作る場合、DreamWeaverなどのソフトを使って作る場合が多いです。そしてこのようなホームページ制作ソフトを使う時はテンプレート機能を使って制作します。

このベーステンプレートがあれば、ソフトを購入することにより全体の管理や修正が非常に簡単にできます。納品時このベーステンプレートをもらえるか、契約前に必ず確認しましょう。

実績のチェック

制作業者には実績やお客様の声などが掲載されている場合があります。もしURLがあれば、ぜひそのホームページをチェックしましょう。

いくつかチェックをすると、その業者の作り方や構成がわかります。ソースを見るとどんなソフトやCMSを使っているかわかるかもしれません。

またドメインのチェックをするとサーバーのIPがわかりますので、利用しているレンタルサーバーなどもチェックできればいいかもしれません。

大きな会社、業者

ホームページ制作業者も大きな会社、業者はできれば避けることをおすすめします。なぜなら多数の社員をかかえているということは、相当数をこなさなくてはいけないからです。

またあなたの担当が変わることもあるかもしれません。スタッフが多数いるということはデザインやコーディングなど複数のスタッフが居ることが予想されます。何をやるにも遅い可能性があります。

担当窓口は一つでも、その指示作業するのは別のスタッフの場合、やはりタイムラグは発生するでしょう。

ホームページ制作は個人のような小さいところのほうが小回りがきき、作業が早い場合もあります。


結局ホームページの制作は、まずは自身で行うということを念頭に置いてください。

業者が悪いと言っているのではなく、依頼をするあなたの方に知識やスキル、伝える力がないと良いホームページはできません。

また再度繰り返しますが、コンテンツはあなた自身が作り上げる必要があります。ホームページを依頼する前にコンテンツを書いてみませんか?

それをやることで、あなたの描くホームページのアウトラインが見えてくるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る