記事の詳細

2013年の夏に手持ちのイーモバイル2年縛りが終了したことを期に、イーモバイルを解約しました。

それに伴い、ウチで使っている携帯をスマートフォンに買い替え、ガラケーは完全に仕事の通話専用に変更。

家族全員にスマートフォンをもたせ、すべてのスマートフォンをMVNOサービスに切り替えました。

通常スマホを持つと、どこのサービスを使っても結構な値段に行くはずです。

「NTTドコモ」「au KDDI」「ソフトバンクモバイル」の3社を比較しても基本的には6,000~7,000円程度使うのではないかと思います。

その内訳で、一番大きいのは「パケット定額料」と思います。

だいたいが「し放題」「ホーダイ」とうったっていながら速い速度で利用できる通信料は決まっていて(各社3GB-7GB程度)、その上限を超えると通信速度に制限がかかるようです。

逆に言えばこの上限にはるか達しない方は、料金の無駄ということになります。

私は前述のように、仕事用のスマホを含め家族4台のスマホをすべてMVNOの格安SIMで運用をしています。

基本的に自宅を含め、WIFIがあるところが多いので、通信速度が遅くても全く問題ありません。

そんなMVNOなSIMを使い始めて半年がたちましたので、ちょっとレポート。

私の使っているスマートフォン

私の今、使っているスマホはドコモのSH-09Dといいます。

  • ドコモSH-09D
  • 防水
  • 約130mm×67mm×10.8mm(最厚部:約11.3mm)
  • 約142g(電池パック装着時)
  • バッテリー:1900mAh
  • 約4.7インチ 約1678万色 S-CG Silicon液晶(720×1280ドット HD)
  • カメラ:有効画素数 約1210万画素(記録画素数 約1200万画素) CMOS
  • CPU:MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
  • Android 4.0
  • メモリ:ROM 16GB、RAM 1GB/最大64GB(microSDXCカード)

2年落ちの個体なので、ヤフオク中古で1万円で購入が出来ました。

また家族で使っているスマホも、同程度の新品(HW-01E)を1万数千円程度で購入をしています。

まずディスプレイは最低でも4インチ以上の720×1280ドットは必要と感じています。このサイズなら通常のPCサイトも何とか見ることができます。

アンドロイドは4系。

またCPUはデュアルコアでメモリはRAM1GB、ROM8GBは最低限必要と思います。

ROMの少なさはマイクロSDがさせれば、とりあえず良しとします。

このくらいのスペックであれば、2年落ちにたくさんありますので、よりどりみどりです。

SIMロック解除

海外に行くことが多い私は必ず行います。

ドコモ端末はドコモショップに持ち込むと、SIMロック解除をしてくれます。(有料)

またヤフオクなどでも機種別でSIMロック解除が格安で出品されています。

SIMロック解除をすれば、海外に行った時に現地で格安のSIMを購入して使うことができます。

MVNOの格安SIM

ウチでは2種類のSIMを利用しています。

子どもたちには「ServersMan」のSIMにIP電話(050)を加えて一人分900円以下です。

私は最初の30MBだけLTEが使える「OCN モバイルエントリー」を使っています。

遅い遅いと言われている通信スピードですが、テキストベースのSNS(フェイスブックやツイッター)の書き込みやLINEなどであれば、全く問題ありません。

050IP電話

ただ、050IP電話の品質は多少遅延が起こることは覚悟しましょう。なので完璧に仕事に利用できるかといえば、少々不安を感じる通話品質ということです。

また通話は従量課金制なので、相手の携帯に頻繁にかける方は通話料金要チェックです。

しかしそれらの遅さは最初にわかっていることで、普通にスマホをデーター通信ができ、050IP電話ながらきちんと電話番後を持つことが出来る内容で一人月額1,000円以下で運用ができるわけです。

なので、ウチのスマホ代は月額4人で4,000円以下です。1人ではありません。4人分です。

この価格なら、子供にスマホを持たせることを躊躇する必要がないと思います。

また、電話余りしないし、データー通信も毎月上限に届かない方は一考の価値は絶対にあると思います。

初心者に難しいのでは?

どの程度を初心者というのかわかりませんが、ヤフオクでドコモのスマホを落札してSIMを自分で刺すだけです。

MVNOのSIMは大体がドコモ網を利用しています。上記の2つのSIMはドコモです。

なので、ドコモの白ロムスマホを落札すればOKです。2年以内程度の機種ならスペックも問題ないでしょう。価格も新品で1万円台と思います。

海外スマホでもOKですが、きちんと日本語ロケールが入っているものすることが必要と思います。

手元に来たスマホに上記どちらかのSIMをさしてAPNを設定すれば、ネットにすぐつながります。

また自宅でWIFIがあれば、そちらも設定すれば、これまた簡単にWIFI経由でネットにつながります。

050IP電話はネットにつながったスマホでも、PCでも申込可能ですし、上記2つのSIMは契約時に選択ができます。

そちらも、設定もスマホ上で行います。

初心者うんぬんでは無く、上記のことを読んでも、全く理解できないならやめたほうがいいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る