記事の詳細

ワードプレス、WordPressはインストールしたフォルダ(WordPressアドレス)と、トップページとして表示するフォルダ(サイトアドレス)を指定することができます。

通常このようなフォルダやファイル群を「wp」のようなフォルダのような場所に格納をしていると思います。そのままインストールをして公開をすると以下の様なトップページURLになるはずです。

http://www.ai-f.biz/wp

※上記のURLは実在しません。

インストールフォルダとは違う場所をトップにする理由

もし前述の「http://www.ai-f.biz/」におき、何らかのサイトを運用しているのであれば、「wp」フォルダを作りワードプレスをインストールすれば問題がないでしょう。

しかし、新規のサイトや最初からワードプレスをドメイントップで運用したい場合もあると思います。

またルートディレクトリ(トップページがある場所)にワードプレスのファイルやフォルダ群がたくさんあると非常に煩雑になります。

ワードプレス群は「wp」フォルダにまとめておくと管理運用もやりやすいと思います。

また「さくらサーバー」はサーバー管理画面からの「クイックインストール」を使うと、必ずワードプレスをインストールするドメイン直下のフォルダ指定が必要です。

その状態からドメインにて運用する方法も同様に実現できます。

インストールしたWPフォルダとは違う所をトップとして指定する方法

ワンクリックインストールや、任意のフォルダにワードプレスをインストールした状態からの解説です。

この設定を行うにはインストールを行ったサーバーに対してFTPで接続できている必要があります。

それでは、インストール完了をしたワードプレスのダッシュボードにログインをしましょう。

WP管理画面

  • インストール完了をしたダッシュボードにログイン
  • ダッシュボードの「設定」→「一般」をクリック

サイトパス

  • サイトアドレスのフォルダ名を削除します。

この状態でダッシュボードより「サイトを表示」をクリックしても表示はされません。

続いて以下の設定が必要になります。


wpフォルダ

  • FTPでサーバーにアクセスをします。
  • ワードプレスがインストールされているフォルダ内に入ります。
  • 「index.php」を修正するので、デスクトップなどダウンロードします。
  • もしフォルダ内に「.htaccess」が存在していた場合、そちらもダウンロードしておきます。

修正

  • Terapadなどテキストエディタにて「index.php」を開きます。
  • 該当部分を以下のように修正

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );
↓↓↓
require(‘./wp/wp-blog-header.php’);


修正

  • このように修正をします。
  • 上書き保存をします。

アップロード

  • ワードプレスがインストールされているフォルダの1つ上の階層、ルートディレクトリに移動をします。
  • ルートディレクトリに「index.php」をアップロードします。
  • 「.htaccess」が存在していた場合、そちらもアップロードします。

以上の設定で完了です。

上記のようにルートディレクトリにはワードプレス関連のフォルダやファイル群が存在をしない状態になっています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る