記事の詳細

ワードプレスはダッシュボードにて「簡単に」パーマリンクを変更することが出来ます。

ラジオボタンでお好みのパーマリンクを選択して「変更を保存」をクリックすればあっという間にすべての記事ページ適用をされます。

実際のhtmlファイルが吐出されるわけではないので、この変更はあっというまに完了です。

このように簡単にパーマリンクを変更できるワードプレスですので、運用を開始する前には必ず、どのようなパーマリンクで管理をするかを決定する必要があります。

なぜ運用前にパーマリンクを決定するのか?

パーマリンクの決定は、一つ一つの記事にURLを付与することです。検索エンジンはこのURLにより記事の場所を決定できます。

サイトを運用して、しっかり検索エンジンよりアクセスが得られるのは、このパーマリンクあってのことです。

もし運用途中でパーマリンクを変更してしまえば、それまで得られた検索エンジンからのアクセスを放棄することと等しいわけです。

どのパーマリンクが検索エンジン対策上有利か?

結論的な話をすれば(私的には)どれも皆いっしょ・・・と考えます。

付与したパーマリンクで、検索エンジン対策上に有利不利はないと思います。

一時はやった「日本語パーマリンク」も記事の内容と合致すれば多少なりとも有効かもしれませんが、やたら長い機械語のURLなどを考えると、あまりオススメはできません。

既存サイトの移管はカスタム構造

たとえば、HTMLの手打ちで作ったサイトをワードプレスに移管する場合、現状のパーマリンクをできるだけ維持したい場合、まよわず「カスタム構造」を利用することになるでしょう。

しかし、その構造も限界があり、たとえば既存のHTMLサイトの構造が適当だったりすると、かなり移管に苦労するかもしれません。それでも「カスタム構造」と「固定ページ」を利用すれば、かなりの確率で移管をできる可能性があるでしょう。

またMovableTypeからの移管の場合も、階層構造を含め、こちらも「カスタム構造」を利用すれば、きちんと階層構造を引き継ぎ移管できるでしょう。

以上より既存サイトをWPサイトに移管する場合、迷わず「カスタム構造」を選択することになるでしょう。

新規サイトのパーマリンクは?

新しくワードプレスを利用してサイトを立ちあげる場合のパーマリンクはどのように考えればいいでしょう。この場合、以下の2点をチェックしてパーマリンクを決めるとよいでしょう。

記事は必ずカテゴリに属する

記事を書く際、必ずカテゴリに属するというルールが徹底される場合、パーマリンクは「カスタム構造」を利用するとよいでしょう。

基本的に記事はカテゴリありきなのですが、ブログという構成で記事を書く場合は「デフォルト」をオススメします。

記事は書くことありき、カテゴライズは後回し、もしくは気が向いたら・・・このようなスタンスの場合のパーマリンクは「デフォルト」にしておくと、後ほどカテゴリに属してもパーマリンクが変わることはありません。

記事のパーマリンクをきちんと決めたい

「カスタム構造」にした場合、記事のパーマリンクを自身で決めるか、もしくはあるルールにのっとりパーマリンクを決定することになります。

サイトの構造をきちんと管理したい場合は「カスタム構造」が望ましいですが、面倒くさい場合はデフォルトがよいと思います。

パーマリンクのデフォルトはいいか悪いか?

パーマリンクをデフォルトで運用すると「?p=123」のようなパーマリンクになります。

記事のURL自体、カテゴリに属することはない状態です。しかし、この形はこれで自由度が高いので、悪く無いと考えます。

特にカテゴリを気にすることなく、記事を書きたい場合、このパーマリンクはよいと思います。

あとで、記事修正や記事内容を追加して、カテゴリを変更してもURLが変わることはありません。とても自由度が高いのです。

もし「雑多系ブログ」を書くのであれば、デフォルトパーマリンクはおすすめと思います。もちろんあとで変更することはしてはいけませんよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る