記事の詳細

通常のHTMLサイト、手打ちやテキストエディタで作ったサイトやホームページビルダー、Dreamweaverなどウェブサイト制作ソフトで作ったサイトをワードプレスに移管したい場合があると思います。

基本的にはカテゴリや記事ページのパーマリンクによるものが、すべてと思っていいでしょう。

そのような場合の方法や注意点をチェックしましょう。

既存の構造をチェックする

どのような場合でも、普通のHTMLサイトからCMSに移管するとき、一番問題になるのが、このサイトの構造をそのまま移管できるか、ということになります。

とくにパーマリンクをはじめとする、URL構造がどのようになっているかは本当に大切です。

逆にこの構造が「ドメイン」/「カテゴリ」/「ファイル名.html」という構造になっていれば、移管はさほど難しくありません。

まずは、上記の構造になっているということを前提にチェックをしてみましょう。

ワードプレスのパーマリンク設定する

通常のHTMLサイトを移管する場合であれば、ほぼ間違いなくカスタム構造にしないとダメでしょう。

パーマリンク設定

「ダッシュボード」→「設定」→「パーマリンク設定」を開く

カスタム構造にチェックを入れてパーマリンク設定をする。

その際、「ドメイン/カテゴリ/ファイル名.html」という構造にしたいので、入力窓に「%category%/%postname%.html」と入力をする

URLから「category」文字列を削除する

ワードプレスをデフォルトの状態でカテゴリーベース運用をするとカテゴリーページのURLには「category」という文字列が強制的についてしまいます。

最初からワードプレスであれば、これも仕方ないところですが、移管となるとそうもいきません。

「category」という文字列が入ることにより、今まで検索エンジンにインデックスされたカテゴリページをすべて失うことになります。

それを防ぐため、以下のプラグインを導入します。

カテゴリの末尾に「/」を補完する

既存のサイトのカテゴリをどのように運用していたかで、こちらは選択をしましょう。

既存サイトのカテゴリページを見て、もし「/」が入っている場合は以下のプラグインを導入します。


以上、既存サイトをワードプレスに移管する際のTipsになります。

特にアクセス解析を見て、アクセスがあるページのパーマリンクを受け継ぐことが非常に大切です。

逆に、アクセスが全くないページなどを、無理に引き継ぐこともないと思いますので、そのあたりは、かけられるコストと工数で考えましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る