記事の詳細

外付けのハードディスクを入れ替えた。

この手のHDDは壊れるまで使う方も多いけど、ある一定期間過ぎたら買い換えることをおすすめします。

目の前に長い連休がある場合、その前にやっておくと絶対に後悔をしない。

LaCie 3.5インチ外付けHDD 2TB データ復旧サービス付を購入

LaCie 3.5インチ外付けHDD

現時点で3.5インチ、2.0TBの外付けUSBハードディスクがこの価格。

本当に安くなった。さらにデーター復旧のサービス付きだ。

ハードディスクの中身をチェックする

LaCie 3.5インチ外付けHDD

本体、USBケーブル、ACアダプタなどが同梱。

その他説明書とデーター復旧サービスの案内書が入っていた。

このデータ復旧サービスは、かなり助かるサービスだろう。

購入から1年以内なら、このサービスを無料で使える。

本体裏面

LaCie 3.5インチ外付けHDD

本体裏面にはACアダプターのコネクター、USBケーブルのコネクター、電源ボタンがある。

2.5インチの外付けなどはPCからつなげたUSBで電源を供給できるが、この製品は外部電源が必要です。なので外に持っていくのは現実的ではありません。

据え置きで使うことになるでしょう。

私のPCは256GBのSSDなので外付け2.5インチのHDDがあり、そのバックアップとして利用をします。

セットアップとフォーマット

ACアダプターを本体に取り付け、PCとUSBケーブルで取り付けます。

電源スイッチを入れるとコンピュータ内にドライブが表示されます。

フォーマット前なのでFAT32となっていて、また容量も全容量確保されていません。

ドライブ内を開き「Setup」をダブルクリックで立ち上げます。

フォーマット

ソフトウェアが立ち上がり、ドライブ内をフォーマットします。

マウスで容量を調整します。

Macがネットワーク内に存在して、このHDDを利用する場合はFAT32を使います。

私はWinのみの使用なので全容量NTFSとしてフォーマットします。

スライダーで全容量をNTFSにしました。

フォーマットは数分で完了。

フォーマットが完了をするとすべての容量が表示されてます。

バックアップソフトなどを使い、2.5インチHDDと3.5インチHDDをミラーで運用をする予定です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る