記事の詳細

過去にMTでサイトをたくさん作った方も多いと思います。

大量にサイトを作ると、忘れがちなのがログイン情報です。ユーザー名とパスワード。

実は私も先日、昔作ったMTサイトにログインができず困ってしまったのです。

ログイン

メールアドレスがわかる場合

もしインストール時のメールアドレスがわかっていれば、「パスワードをお忘れですか?」をクリックするとこの画面が表示される。

そこにメールアドレスを入れ「再設定」をクリックすればOKです。

入力したメールアドレス宛にパスワードリセットのメールが送信されます。

このようなメールが届いているはずですので、リンクをクリックします。

新しいパスワードを設定してログインをします。

以上でログインができるようになります。


しかし、設定メールアドレスもわからず、またパスワードもわからないという最悪の状況というものはあるようです・・・私と同じ境遇の人はいるもので、そんな場合でもいいツールがあるものです。

「MT-Medic」でログイン情報修正

「MT-Medic」というツールを利用して、MTのログイン情報の取得とパスワードの再設定ができます。

過去や現在でもMTサイトを所持している方は、このツールをダウンロードして取得をしておきましょう。

公式サイトがいつなくなるかわからないですので、ダウンロードできるうちに手に入れて置くことは大切です。

当然ですが、該当サイトのFTPでアクセスできることが条件となります。

「MT-Medic」ダウンロードと初期設定

MT-Medic

かなり古いツール、そしてサイトも古いので、ダウンロードできる今のウチに・・・

解凍後、「mt-medic.cgi」をテキストエディタで開きます。

パスワード入力する場所が2か所ありますので、任意のパスワードを入力して保存します。

FTPでサーバーにログインをします。

MTOSのシステムが入っているフォルダで「mt.cgi」と同じ場所に「mt-medic.cgi」をアップロードします。

パーミッションは「755」もしくは「700」にします。

「MT-Medic.cgi」にアクセス・設定変更

先ほどアップロードをした「mt-medic.cgi」にブラウザでアクセスをします。

たとえばドメインが「exampl.com」、システムフォルダが「mtos」の場合以下になります。

  • http://exampl.com/mtos/mt-medic.cgi

「Authors」をクリックします。

先ほど設定をしたパスワードを入力します。私の例では「piyo」となります。

パスを入力したら「LOGIN」をクリックします。

ログインが完了をすると、該当のMTに設定をされたユーザー名とメールアドレスを確認できます。

パスワード再設定

それではパスワードを再設定します。

「Edit」をクリックします。

Passwordに新しいパスワードを入力します。

入力後「SAVE」をクリックしてパスワード再設定完了です。

ログイン画面を表示させて、ユーザー名と新しく再設定をしたパスワードでログインをしましょう。

無事にログインができたら、念のため「mt-medic.cgi」は削除をしておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る