未経験からエンジニアに転職するコツ!30代からでも間に合う?

「今よりも良い仕事に就きたい」「新しい業界へとチャレンジしてみたい」と思った時に、未経験なのがネックになると考えている方は多いのではないでしょうか。

  • 未経験の業種や職種への転職は難しい
  • 未経験からエンジニアになるのは不可能

上記のようにイメージしている方はいますが、しっかりとした戦略を持って転職への準備を進めていれば未経験からエンジニアへと転職するのは十分に可能ですよ。

未経験からエンジニアに転職するコツをチェック!

IT業界は常に進化していて、パソコンを使ってソフトを製作したりアプリを開発したりと需要は拡大しています。

日々進化して更新されていくからこそ業界全体が常に人材を欲しているのが特徴です。

エンジニアと一口に言ってもITエンジニアやシステムエンジニア、ネットワークエンジニアなど多岐に渡るものの、次のような人に向いています。

  • 何か一つのことに夢中になって取り組むことができる
  • モノを作ることに喜びを感じる
  • 手に職を付けたいと考えている

若ければ若いほど転職の成功率は上がりますので、未経験でもエンジニアへとチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

しかし、「経験が全くなくても大丈夫だろう」と安易に考えていると失敗の原因となりますので、未経験からエンジニアへと転職するコツをチェックしておいてください。

25歳くらいまでは未経験でも歓迎してもらえる

焦って転職するのは良くないのですが、25歳くらいまでは未経験でもIT業界やWEB業界は歓迎してもらえます。

エンジニアの求人を見てみると、以下のように記載されているケースは少なくありません。

  • 未経験OK
  • 既卒歓迎
  • 第二新卒大歓迎

SEとしての知識や経験がなくても、25歳以下と若ければ若いほど自社で育て上げて使える人材にしたいと企業が考えるのが理由ですね。

つまり、「自分には無理かも・・・」と転職を後回しにしていると年齢を重ねてだんだんと厳しくなりますので、早めに決意して行動へと移してみましょう。

何かしらのプログラミング知識を学ぶ

エンジニアになるための転職活動を始める前に、何かしらのプログラミング知識を学ぶのは未経験から転職を成功させるコツです。

スマホのアプリ開発で使う言語の「Objective-C」やAndroidアプリ開発で必要な「Java」が代表的で、採用面接を受ける際のアピールポイントとなります。

未経験で何もスキルがない状態よりも内定を貰える確率は高くなりますし、何よりも多少の知識があれば入社してからの苦労や負担が減るのではないでしょうか。

IT業界で必要なプログラミング知識を学ぶに当たり、以下の2種類の方法が代表的です。

  • 書店やAmazonで言語ごとの入門書を購入して独学で学ぶ
  • オンライン授業を取り入れている専門学校を利用する

今の仕事をしながらプログラミングの専門学校へと通うのは不可能でも、自宅で学べるオンラインスクールであれば空いた時間に取り組めますよ。

「趣味レベルですが、開発ツールを使って実際にスマートフォンアプリを作りました」と伝えるのは、意欲を示す上でも効果的です。

採用面接で上手く自己PRを行う

エンジニアに限った話ではないものの、採用面接で自己PRが重要なのは間違いありません。

転職の面接では今までの職務に関連した強みをアピールする必要があり、「何をやってきたのか?」「これからどう会社に貢献したいのか?」といった点を盛り込んで面接官へとアピールするのがコツです。

「自分はIT業界が未経験だから何もアピールできない・・・」と考えている方は少なくありません。

しかし、全く違った業種や職種からエンジニアへとチャレンジする際でも、コミュニケーション能力はアピールできるポイントの一つです。

モノ作りをするエンジニアにもコミュニケーション能力は必要で、その理由を幾つか挙げてみました。

  • 誰かと話をしなければ良いモノ作りは絶対にできない
  • IT業界ではチームで一つのモノを作ることが多い

今まで営業の仕事をしてきた人でも自分の強みとなるコミュニケーション能力を上手くアピールできれば、未経験でもエンジニアへの転職は不可能ではないのです。

最初は正社員ではなく派遣社員から始める

エンジニアになりたいとチャレンジする気持ちがあっても、「実際に働いてみて合わなかったらどうしよう・・・」と不安を抱えている方はいます。

そんな時は焦って正社員になるのではなく、派遣社員の求人を探して転職するのが選択肢の一つです。

  • 派遣社員であれば正社員と比較して未経験でも入社のハードルは低くなる
  • 派遣社員として働いてプログラミングやSEの経験を積む
  • 一定期間に渡って実務経験を積んだ後に正社員の求人を探して転職する
  • 今の会社で派遣社員から正社員になれるのであればそれもOK

上記のような流れで新しい業界へとチャレンジしていれば、失敗のリスクを減らすことができますよ。

多少なりとも実務経験があれば、未経験の状態よりも採用される確率は高くなるでしょう。

転職をサポートしてくれる転職エージェントを利用する

未経験からのエンジニアへの転職を成功させたいのであれば、転職を徹底的にサポートしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントに在籍しているキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントへと相談すれば、業界知識や企業情報を共有できます。

未経験でも業界知識の薄さをカバーできますし、何よりも今まで何人もの人の転職を成功へと導いたプロと二人三脚で取り組めるのが大きなメリットですね。

そこで、以下では未経験向けの転職エージェントの選び方で押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

・未経験OKや既卒歓迎の求人が数多く用意されている
・非公開求人の取り扱い数が多い
・書類の添削や面接対策など手厚いサポートが受けられる

これらの点に全て当てはまるのは、転職支援実績がNo.1のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントで、転職決定者の業界比率がどんな数値になっているのか見ていきましょう。

  • IT・通信:20.7%
  • 医薬:12.3%
  • 機械・輸送機器:10.9%
  • 流通・接客:9.8%
  • 化学・素材:8.2%
  • 建設・不動産:7.2%
  • 電子・電気:6.3%
  • マスコミ:5.9%
  • 金融:4.9%
  • 食品・アパレル:4.9%

※参考:https://www.r-agent.com/service/data/

IT業界や通信業界へと転職している人は多く、取り扱っている非公開求人も10万件と業界トップクラスですので、リクルートエージェントのサポートを受けてみてください。

未経験からエンジニアへの転職で30代からでも間に合う?

未経験からエンジニアへと転職するに当たり、「30代でも間に合うのか?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

未経験から新しい業界へと飛び込むには転職活動にしても入社してからも諦めないことが大事ですが、20代と比べて30代の人は少々ハードルが高くなります。

なぜ30代になるとエンジニアへの転職が難しくなるのか、考えられる理由を幾つか見ていきましょう。

  • 中途採用では基本的に即戦力となる人材を欲する傾向があり、前職の業界知識を活かせない未経験だと辛い
  • 年齢を重ねれば重ねるほど、新しい環境へと適応する能力が低くなる
  • 上司よりも部下の方が年齢が上というケースが発生し、会社としてマネジメントがやりづらくなる
  • 案件や業務によっては残業や深夜作業が多く、年齢を重ねていると体力的に辛くなる

ポテンシャル採用が通用するのは一般的に20代までで、「何も知識や経験がない30代ですけど雇ってください」というのは通用しません。

もちろん、「30代を超えたらエンジニアになるのは不可能」とは言い切れないため、前職の業界知識やスキルをアピールしたり時間を見つけてプログラミング知識を学んだりと努力してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする