エンジニア転職|年収・キャリアアップの転職サイト比較 2019年

エンジニアこそ転職!自身のキャリアアップ・給料アップには転職を視野に置くのが一番です。

エンジニアの転職活動期間はどのくらいなの?

更新日:

エンジニアが転職活動を行うに当たり、どのくらいの期間がかかるのか疑問を持っている方はいませんか?

あまりにも期間が長くなっていつまで経っても決まらないと、焦りや不安が出てきますよね。

離職後の転職期間はどのくらい?

エンジニアに限った話ではありませんが、マイナビが実施したアンケートでは離職後の転職期間に関して次のデータが出ていました。

  • 1ヵ月以上~2ヵ月未満:7%
  • 2ヵ月以上~3ヵ月未満:13%
  • 3ヵ月以上~4ヵ月未満:6%
  • 4ヵ月以上~5ヵ月未満:5%
  • 5ヵ月以上~6ヵ月未満:8%
  • 6ヵ月以上~1年未満:23%
  • 1年間以上:35%

※参考:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/minaoshi/06#question4

このデータは離職後直ぐに転職活動を始めずに、資格を取得したりスキルを上げたりする人も含まれています。

しかし、右も左も分からない初めての転職活動は思いのほか長引きやすく、「活動を始めれば直ぐに転職先が決まる」というわけではありません。

平均すると転職の平均活動期間は約2ヵ月で、長引かせたくない人は事前準備をきちんと行う必要がありますよ。

転職期間が長くなるのは良くない?

エンジニアが新しい働き先を探すに当たり、「転職期間が短いのが良い」「転職期間は長くしない方が良い」と一概に決め付けることはできません。

焦って転職活動をして妥協しても良い結果を得ることはできませんし、自分の将来を決める要素だからこそじっくりと取り組む必要があります。

とは言え、転職期間が長引くと次のデメリットがありますので十分に注意しましょう。

・「このまま職場が決まらないのでは?」と焦りや不安が出てくるようになる
・精神的にも肉体的にも疲労が溜まっていく
・離職中の時は経済的な面でも不安が出てくる

転職のスピードで重視するのであれば離職してからがおすすめで、転職活動に費やせる時間が多いのが理由です。

しかし、離職してからいつまで経っても働き先が決まらないと精神的なストレスや金銭的な不安が出てきますので、在職したまま転職活動を行うのも選択肢の一つとなっています。

転職期間を長引かせないために押さえておくべきポイント

以下ではエンジニアの転職期間を長引かせないために、押さえておくべきポイントを幾つか挙げてみました。

初めての転職の方は何かと分からないことが多いので、どんな準備が必要なのか確認しておきましょう。

・職種の求人状況や応募条件、採用基準の傾向に関する情報収集を行う
・履歴書や職務経歴書など応募書類の作成は休日にまとめて行う
・キャリアの棚卸しや面接対策は平日のスキマ時間を有効に活用する
・平日に採用面接を受ける時は有給休暇を上手く利用する
・担当業務の終了や引き継ぎにかかる時間からスムーズに退職できる時期を見極める

情報収集や転職スケジュール作りなど、転職準備のスタートは遅すぎることはあっても早すぎることはありません。

思わぬトラブルで期間が長引くケースもありますので、「転職しよう!」と心に決めたら早めの行動を心掛けてください。

転職期間を短くしたいエンジニアには転職エージェントがおすすめ!

「なるべく転職期間を短くしたい」「サっと転職先を決めたい」と考えているエンジニアには、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントとはキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが転職のサポートを行い、二人三脚で内定へと導いてくれるサービスとなっています。

一人で取り組むよりも転職エージェントを使った方が転職期間は短くなりやすく、その理由を幾つか挙げてみました。

  • 個人の希望に合わせて求人紹介や面接の時間調整をしてくれる
  • スケジュールの調整は全てエージェント側が代行してくれる
  • 履歴書の添削や転職面接の予行演習など採用率をアップするサポートをしてくれる
  • 内定を獲得した後も円満退社のための手続きをアドバイスしてくれる

転職の全てをサポートしてくれるため、現在ではエージェントを使って転職活動を行うエンジニアが増えています。

数多くのサービスの中でも、リクルートエージェントは「業界最大級の非公開求人」「実績豊富なアドバイザー」「充実した手厚いサポート」といった点で人気です。

たくさんの転職者を成功へと導いた実績がありますので、リクルートエージェントのサポートを得ながら転職を始めてみてください。

エンジニア転職エージェントおすすめベスト3

エンジニアが満足のいく転職を進めるには、事前にしっかりと転職エージェントを比較しないといけません。転職エージェントには様々な業種や職種を取り扱う総合型と、IT業界などに特化した専門型があります。さらに在籍しているコンサルタントやアドバイザーの品質も気になります。当サイトおすすめ転職エージェントをご紹介します。

1位:WORKPORT(ワークポート)

エンジニアやプログラマなど、IT業界で働いている方が転職活動を始めるに当たって、WORKPORT(ワークポート)は絶対に登録しておきたい転職エージェント。

運営開始から15年間の実績を持ち、きめ細やかな対応で今までの実績は35万人となっている。

「今すぐに転職を始めたい」「転職しようか迷っている」など、エンジニアを中心にITに携わっている人であれば誰でもWORKPORT(ワークポート)を利用すべきです。

2位:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界への転職を考えているエンジニアを徹底的にサポートしてくれる転職エージェントです。

レバテックキャリアは東京や神奈川などの関東圏に加えて、関西地方や九州地方の求人も数多く取り扱っています。

求人数の多さとサポート体制の手厚さがレバテックキャリアの魅力で、書類選考率や内定率は非常に高くなっています。

3位:TechClipsエージェント

専門型のサービスの中でも、TechClips(テッククリップス)エージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。

ITエンジニアが転職で失敗しないように、TechClipsエージェントは親身になってサポートしてくれます。

対応エリアは「東京都」「神奈川県」「埼玉県」「千葉県」に限られますが、首都圏に住んでいる人は是非とも利用して頂きたい転職エージェントです。

Copyright© エンジニア転職|年収・キャリアアップの転職サイト比較 2019年 , 2019 All Rights Reserved.