エンジニア「転職」のススメ

エンジニアこそ転職!自身のキャリアアップ・給料アップには転職を視野に置くのが一番です。

未分類

エンジニアの転職を成功させるためにやっておきたい準備

投稿日:

エンジニアに限った話ではなく他の職種にも該当しますが、転職を成功させるには事前準備を怠ってはいけません。

行き当たりばったりで取り組んでいると、次のような失敗に繋がりやすくなります。

今の会社を辞めずに続けておけば良かった・・・転職先の職場環境が悪くてもっと調べておけば良かった・・・

それはちょっとまずいですよね?

エンジニアの転職を成功させるためにやっておきたい準備をチェック!

よりスムーズに転職活動を行うには、転職活動全体の流れを把握して何から始めるのか確認しておくべきですね。

以下ではエンジニアの転職を成功させるためにやっておきたい準備をまとめていますので、自分の希望を叶えたいと考えている方はきちんとチェックしておきましょう。

まずは在職したまま転職するのか退職してから転職するのか決める

準備を始める前に、まずは在職したまま転職活動をするのか、退職してから転職するのか決めなければなりません。

転職活動の取り組み方が大きく変わりますので、これは意外と重要なポイントですよ。

どちらが自分に合っているのか分からないエンジニアのために、それぞれのメリットやデメリットをまとめてみました。

在職中に転職活動をするメリット

  • 収入が途切れないので金銭的な不安や心配を抱える必要がない
  • 上手く決まらない時は現職に留まるという選択肢が残る
  • 空白期間がないので応募企業から不信感を持たれずに済む
  • 転職先が確定した後だと現職の留意を受けにくくなる

在職中に転職活動をするデメリット

  • エンジニアは特に忙しく、転職活動に費やす時間がなくなる
  • 転職の準備時間が少ないと十分な対策ができない
  • 引き継ぎや手続きを短期間で済ませなければならない
  • 退職時期や入社時期の折り合いがつきにくくなる

退職してから転職活動をするメリット

  • 転職活動の時間をきちんと確保して希望に合わせた対策ができる
  • 新しいプログラミング言語を学んで知識やスキルを習得する時間がある
  • 失業手当や支援金を受けることができる
  • 心身共にスッキリとさせた状態で転職に臨める

退職してから転職活動をするデメリット

  • 一時的に収入が途切れる形となり、転職期間が長引くと不安になる
  • 無職の空白期間があまりにも長いと、応募先の企業へと不信感を与えてしまう
  • 転職活動が思うように運ばないと転職先で妥協しやすい
  • 自己管理ができない人だと無駄に転職期間が長くなりやすい

現職の仕事の忙しさによってベストな方法は異なりますので、転職活動のスタイルを決めることから始めましょう。

自分なりに転職の目的を整理する

「さあ転職するぞ!」と心に決めたら、最初の準備として自分なりに転職の目的を整理する必要があります。

転職の目的を明確にしなければならないのは、企業は応募者の採用不採用で次の点を判断材料とするからです。

  • 今までにエンジニアとしてどんな仕事を手掛けてきたのか?
  • 応募先の企業でどんな仕事に取り組みたいのか?
  • 業務へと取り組む上で何を大切にしているのか?

転職の目的が曖昧で、「何となく前職を辞めたいと思いました」「何となく自分に合いそうなので志望しました」と回答しても受かるはずがありませんよね。

つまり、「給料を増やしたい」「キャリアアップしたい」など退職理由と転職の目的を明確にするために、自己分析をしっかりと行いましょう。

ただし、表面的な退職理由を企業の採用面接で使えるのはNGで、次のようにポジティブな意見に変えるのがポイントです。

  • 上司や同僚が気に入らなかった⇒周囲をコミュニケーションを取って協調しながら大きな目標を達成したい
  • 残業や休日出勤など仕事が忙しかった⇒スキルアップのために自分で学べる環境や時間が欲しい
  • 給料や安すぎてやってられない⇒自分の能力を発揮して正当に評価してくれる場所で働きたい

面接で前職を辞めた理由は必ずと言って良いほど聞かれやすい質問ですので、ネガティブな回答はできる限り避けてください。

転職活動の方法を考える

エンジニアの転職と一口に言っても、以下のように様々な方法から選ぶことができます。

  • 求人サイトや転職サイトを使って、自分の希望にピンポイントで合う求人を検索して探す
  • カジュアルな面談で企業のカルチャーや雰囲気を知ることができるダイレクトリクルーティングサービスを利用する
  • コンサルタントやアドバイザーと1対1で転職のサポートを受けられる転職エージェントへと登録する

一人での転職に不安を抱えているエンジニアの方には、ダイレクトリクルーティングサービスや転職エージェントがおすすめですね。

現在ではIT業界やWEB業界に特化した専門型の転職エージェントも多く、担当者と一緒に事前準備をしっかりと行って転職へと取り組むことで成功率を高められます。

「どんな転職エージェントを利用すれば良いの?」と迷っている方は、IT・WEB/ゲーム系職種に特化したアールストーンへと登録してみましょう。

以下では、アールストーンのサービスの大まかな流れをまとめてみました。

  1. パソコンやスマホでアールストーンの無料転職支援サービスへと登録する
  2. 担当のコンサルタントとマンツーマンで面接を受けて求人を紹介してくれる
  3. 複数社の中から検討して応募し、面接を受ける(エージェント側が面接日を調整してくれる)
  4. 年収交渉や入社時期の交渉をエージェントへと任せ、内定を貰って入社する

あなたの転職活動を成功へと導いてくれるサービスですので、まずはアールストーンへと気軽に無料相談をしてみてください。

キャリアやスキルの棚卸しを行う

エンジニアの転職の準備として、キャリアやスキルの棚卸しはとても大事です。

自分の強みやビジョンをまとめておかないと、応募企業へと響くような履歴書や職務経歴書を書くことができません。

普段の生活の中で自分を振り返る機会は意外と少ないのですが、自己分析をしてキャリアやスキルの棚卸しをすれば、転職先でどう繋がっていくのかキャリアパスを裏付ける材料となりますよ。

具体的に棚卸しすべき内容について幾つかの目安を挙げてみました。

  • コミュニケーションやストレス耐性などのヒューマンスキル
  • 職種や仕事内容におけるテクニカルスキル
  • 仕事の進め方や問題発生時の解決に関するコンセプチュアルスキル

自分の強みの棚卸しに加えて、エンジニアの人は今までにどんな成果を残してきたのか伝えられるようにしておきましょう。

採用面接への対策をしっかりと行う

企業の採用担当者が書類選考で高く評価していても、面接が終わった後に自社にマッチする人材ではなかったと不採用にするケースは少なくありません。

むしろ、エンジニアの転職において採用面接が最も重要だと言っても過言ではなく、事前準備でしっかりとした対策を行うのがポイントです。

そこで、以下では企業の採用面接の前に何をすれば良いのかまとめてみました。

  • 「前職を退職された理由を教えてください」「弊社を希望した理由は何ですか?」など聞かれやすい質問を把握する
  • 「なぜその企業を選んだのか?(志望動機)」「自分がどう貢献できるのか?(自己PR)」を準備しておく
  • 履歴書やスキルシートの内容をそのまま回答するのではなく、具体的に説明する
  • 面接官が人事部の時は仕事全体に対する姿勢、現場責任者の場合は技術力をアピールする
  • マニュアル通り正確に答えるのではなく、自分の言葉を使って熱意を込める

企業研究や回答のシミュレーションなど、面接を受ける前にやらなければならないことはたくさんあります。

在職したまま取り組むのは非常に大変ですが、上記で紹介した転職エージェントのアールストーンであれば求人の紹介に加えてコンサルタントとの面接対策も可能ですよ。

面接のアドバイスやノウハウで転職の成功率を少しでも高めることができますので、採用面接が苦手なエンジニアの人は転職エージェントを活用してみてください。

  • この記事を書いた人

yasu

-未分類

Copyright© エンジニア「転職」のススメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.