エンジニア「転職」のススメ

エンジニアこそ転職!自身のキャリアアップ・給料アップには転職を視野に置くのが一番です。

未分類

エンジニアが大手の企業へと転職する際に押さえておくべきポイント

投稿日:

IT業界やWEB業界で働いていて、次のような疑問を抱えている方はいませんか?

  • エンジニアが大手の企業へと転職するにはどうすれば良いの?
  • どんな技術を磨けば大手ベンチャー企業のエンジニアになれるの?

「大手のSEになれば人生安泰」と一概に決め付けることはできないものの、1,000人以上の大手企業と零細企業では年収にかなりの差があります。

エンジニアが大手の企業へと転職する際に押さえておくべきポイントをチェック!

単純に年収が高くなるだけではなく、大手の企業に勤めるエンジニアに対して以下のイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

  • 残業代が全て支給される
  • キャリアアップに繋がる
  • やりがいのある仕事ができる

確かに、大手企業のSEは中小企業のSEと比較して年収は130万円~190万円と高いですし、上流工程に関わる機会が増えれば市場価値の高い人材へとキャリアアップできますね。

有給が新人で20日間以上出たりうつ病対策がしっかりとしていたりと、福利厚生面が充実しているのも魅力的です。

そこで、以下ではエンジニアが大手の企業へと転職する際に押さえておきたいポイントをまとめていますので、今の仕事を辞めたいと考えている方は一度チェックしておいてください。

スキルを徹底的に磨いて情報収集を行う

大手企業のエンジニアへと転職したいのであれば、自分のスキルを徹底的に磨いて情報収集を行わなければなりません。

当然のようにスキルが高い人材の方が企業から求められやすくなりますので、今の企業で働きながら次のような対策は必須ですよ。

  • 業務で覚えた知識に加えて新しいプログラミング言語に挑戦する
  • 最新の技術に関する情報をはてなブックマークの人気記事などWebから収集する
  • 思いもよらない情報や知識を手に入れるために勉強会や交流会へと積極的に参加する
  • ブログで自作のコードを紹介したりプログラミングの知識を説明したりとアウトプットを意識する

IT業界に携わっている方は現状で満足するのではなく、常に成長し続ける姿勢を見せる必要があります。

「今のままで良いか」と成長することを諦めていては大手の企業のエンジニアにはなれないので、転職を考える前からスキルや知識を徹底的に磨く努力をしましょう。

キャリアの棚卸しをする

大手の企業に限った話ではありませんが、キャリアの棚卸しをするのは転職を成功へと導く秘訣です。

  • 今までどのような仕事と携わってきたのか?
  • 今の自分にどんなスキルがあるのか?
  • 今後どんな仕事をしていきたいのか?

上記のように自分自身を見つめ直して明確にしておけば、転職の軸が自然とハッキリしますよ。

また、キャリアの棚卸しは企業の採用面接の対策にもなりますので、きちんと自己分析をしてみてください。

転職エージェントのサポートを受ける

大手の企業のエンジニアになりたいのであれば、転職エージェントのサポートを受けるのが効果的です。

近年では無料で転職のサポートを受けられることで、転職エージェントを利用する方が増えました。

自分の希望の求人を紹介してくれるだけではなく、履歴書の添削や面接の対策など転職の成功率を高めるサポートをプロのコンサルタントから受けられるのが魅力的ですね。

数多くのサービスの中でもIT業界やWEB業界に特化したアールストーンはエンジニアにピッタリで、次のように大手の企業へと転職して年収をアップできた人はたくさんいます。

  • 株式会社ディー・エヌ・エー
  • クルーズ株式会社
  • 株式会社DMM.comラボ
  • 株式会社ドワンゴ
  • 株式会社セガゲームス
  • Sansan株式会社
  • ランサーズ株式会社

人材紹介歴の長いベテランのプロフェッショナルが転職を成功へと導くアドバイスやノウハウを提供してくれますので、まずはアールストーンへと無料相談をしてみてください。

大企業のエンジニアになるに当たって押さえておくべき注意点

下請けや孫請けの中小企業の過酷な環境で煮え湯を飲まされてきたエンジニアであれば、「早く転職して大企業に入りたい」と考えるのではないでしょうか。

小さな会社と比較すれば圧倒的に年収は高いですし、福利厚生が充実していて働きやすい環境が出来上がっています。

しかし、大企業のエンジニアになるに当たって押さえておくべき注意点が幾つかありますので、転職を考える前に確認しておいてください。

  • 大手の企業へと転職が成功しても優秀な人材が集まっているので、直ぐに自分のやりたい仕事ができるわけではない
  • プロジェクト管理が主な仕事内容で、下請けとは違ってプログラミングをする機会は少なくなる
  • 大量の応募者から選抜された高いポテンシャルやスキルを持つ人材が多く、良い仕事をしても目立ちにくくなる

大企業へと転職して年収のアップという目的を叶えられたのにも関わらず、自分らしく働くことができなくてやりがいに不満を持ち、辞めていくエンジニアも少なくありません。

そのため、「大手の企業のエンジニアになればそれで十分」と満足するのではなく、自身のSEとしての研鑽努力を続けながら年齢やキャリアを問わず優秀な人から新しい知識を学ぶ姿勢が重要ですね。

与えられた環境で実績を出し続ける人が認められる世の中ですので、歯を食いしばってしがみついてみましょう。

  • この記事を書いた人

yasu

-未分類

Copyright© エンジニア「転職」のススメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.