エンジニア「転職」のススメ

エンジニアこそ転職!自身のキャリアアップ・給料アップには転職を視野に置くのが一番です。

未分類

エンジニアの転職で年収アップを成功させるコツ

投稿日:

「なぜ転職しようと考えましたか?」とエンジニアに尋ねてみると、多くの人は年収アップが目的だと回答します。

手に職を持つIT業界だからこそ、働きやすさよりも年収や収入の多さを重視するのが特徴ですね。

このページではエンジニアの転職で年収アップを成功させるコツをまとめていますので、転職活動を始める予定の方は一度目を通しておいてください。

エンジニアが転職して年収を上げられる理由は?

IT業界で働くエンジニアが転職を考えるに当たり、次のような欲求を持っている方が多いのではないでしょうか。

  • 今よりも年収を上げて生活を豊かにしたい
  • 残業時間を減らして自分のスキルを高める勉強に費やしたい
  • 人間関係の良好な職場で働きたい
  • 気の合う仲間と共同作業で楽しく仕事がしたい

こういった転職理由の中でも、年収アップのために転職活動をしているエンジニアが多いですね。

そこで、以下ではエンジニアが転職して年収を上げられる理由を幾つか挙げてみました。

  • IT業界は男性が504万円、女性が415万円と他業種と比較して平均年収が高い
  • 今までの業務経験やスキルが豊富であれば、待遇の良い会社に勤められる
  • マネジメントする立場になれば年収1,000万円も決して夢ではない

もちろん、前職を退職して転職すれば全ての人が年収を上げられるわけではありません。

それでも、エンジニアとしてのスキルや知識が豊富な人ほど年収アップの可能性は高く、今の職場に不満を抱いているのであれば少しずつ転職活動を始めるのは選択肢の一つですよ。

エンジニアの転職で年収アップを成功させるコツをチェック!

以下では年収アップを考えているエンジニアのために、転職を成功させるコツをまとめてみました。

エンジニアを取り巻く中途採用市場はニーズが伸び悩んでいて、誰でも成功を収められるわけではありません。

「前職を退職する」⇒「転職して新しい職場を見つける」⇒「納得いかなくてまた転職する」といった失敗を防ぐために、どんな点を押さえておけば良いのか見ていきましょう。

転職活動の手段を考える

転職を始めようと考えているエンジニアの過半数以上は、「収入が大幅に減ったから」「年収アップのため」と今よりも豊かな生活を送る目的を持っています。

エンジニアに限った話ではないものの、まず最初に転職活動の手段を決めることから始めなければなりません。

リクナビNEXTでエンジニアに対して、「どんな手段で転職活動を始めましたか?」とアンケートを取ると次の結果が出ました。

  • 転職サイトの利用:52人
  • 人材紹介業への登録:34人
  • ヘッドハンティングや引き抜き:29人
  • その他:11人

※参考:https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001655

IT業界ではヘッドハンティングや引き抜きで転職するケースが他業種と比べて多いのですが、転職サイトや人材紹介業の利用が大半ですね。

<マ>転職活動の方法で成功か失敗か決まると言っても過言ではないので、自分に合うやり方を探してみてください。</マ>

エンジニア専門の転職エージェントを利用する

転職の成功率を少しでも高めて年収アップを望んでいるのであれば、エンジニア専門の転職エージェントがおすすめです。

人材紹介業の代表的なサービスは転職エージェントですが、次の2種類に大きく分けることができます。

  • 総合型転職エージェント⇒職種や業種を問わずありとあらゆる求人数を取り扱っていて大手のサービスに多い
  • 特化型転職エージェント⇒IT業界や金融業界など、特定の業界や職種に関する求人やコンサルタントの知識が豊富

どちらも一人で活動を行う転職サイトとは違い、担当のコンサルタントやアドバイザーによるサポートが受けられる点では一緒です。

しかし、総合型のサービスでは自分が希望する求人が少ない可能性が高く、転職の成功率を上げるにはエンジニアに特化したエージェントを利用した方が良いでしょう。

数多くの転職エージェントの中でも、エンジニアには20代や30代のIT業界・ゲーム業界に強い転職支援サービスのアールストーンをおすすめします。

2017年の11月にグッドエージェント賞2017大賞とオーディエンス賞をダブルで受賞していますので、アールストーンへと転職の悩みを相談して年収アップを目指してみてください。

職務経歴書の書き方に気を配る

企業が候補者を採用するのか不採用にするのか決めるに当たり、職務経歴書の内容が重視されます。

職務経歴書とは過去に従事した職務や地位、キャリアやプロジェクトタイプをベースに記載した書面を指し、履歴書と一緒に提出するのが基本です。

以下では、エンジニアが年収アップを目的に転職する場合、どのような書き方が正しいのか幾つか挙げてみました。

  • 今までに自分が取り組んできた業務の中で、最も尖ったエピソードに絞って書く
  • 今のスキルでいかに面白いことをやってきたのか上手くアピールする

広範なスキルをずらずらと並べて、「自分は何でもできます」と書いているエンジニアは多いものの、大抵の企業が求めているのはそのスキルの一部に過ぎません。

全方位的なアピールはデメリットになりやすいため、尖ったエピソードを中心に職務経歴書を作成してみましょう。

求人先へと上手く自分をアピールする

エンジニアが転職して年収を上げたいのであれば、求人先へと上手く自分をアピールしなければなりません。

近年では中途採用で業務知識を問う企業が多く、以下のように自分を採用することで企業にどんな利益があるのか伝えるのがポイントとなりますよ。

  • 自分が今までに関わってきた業務を積極的にアピールする
  • 企業研究で自分のスキルや資質を発揮できる場所だと伝える
  • 保有している資格が業務で役立てられるとアピールする

自己アピールが大事なのは、エンジニアに限らず他の業種や業界でも同じです。

上手く自己アピールができれば転職で年収が上がる可能性のあるエンジニアはたくさんいますので、転職活動を成功させるために自己分析は忘れずに行ってください。

  • この記事を書いた人

yasu

-未分類

Copyright© エンジニア「転職」のススメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.