エンジニア転職|年収・キャリアアップの転職サイト比較 2019年

エンジニアこそ転職!自身のキャリアアップ・給料アップには転職を視野に置くのが一番です。

エンジニアからフリーランスへと転職するメリットとリスク

投稿日:

会社員のエンジニアは転職して別の企業で働くのか、独立してフリーランスになるのか選択を迫られる時が来ます。

エンジニアからフリーランスへと転向するに当たり、どんなメリットやリスクがあるのか事前にチェックしておきましょう。

エンジニアからフリーランスへと転職するメリットは?

毎日の会社へと通勤し、「満員電車でもみくちゃにされるのが辛い」「来る日も来る日も上司に仕事を押し付けられるのが嫌だ」と悩んでいるエンジニアはいませんか?

確かに、IT業界で働くエンジニアは残業が多かったり休日出勤を強要されたりと、過酷な労働環境で働かされるケースが多々あります。

そんな時に、「会社員ではなくフリーランスとして独立しようかな~」と考えたことのあるエンジニアは実に多いのではないでしょうか。

入社して一定期間が経過すると実務経験でそれなりに知識やスキルが身につくため、転職してフリーランスになるのは選択肢の一つですね。

以下では、会社員として働いていたエンジニアがフリーランスへと転職することにより、どんなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

働く場所や時間に制限がなくなる

フリーランスへと転向し、働く場所や時間に制限がなくなるのが大きなメリットです。

会社員として働くエンジニアの場合、企業の規則によって次のように働く場所や時間が決められています。

  • 朝の○時までに出社しなければならない
  • 仕事が残っている時は残業しなければならない
  • 必要に応じて休日出勤が強要される

これはエンジニアに限らず他の業界で働く会社員も全く一緒ですが、規則に縛られながら仕事をこなしていかなければなりません。

一方でフリーランスへと転職すれば、静かな自室で作業したり気分転換で近くのカフェへと足を運んだりと自由が利きます。

朝起きて働くのが嫌であれば夜に作業をすることもできますし、自由度の高さでフリーランスのエンジニアに憧れる方が多いのではないでしょうか。

人間関係での悩みが減る

「今の職場は人間関係が劣悪だから転職したい」と考えているエンジニアは少なくありません。

ITエンジニアやWeb系エンジニアは一人で黙々と作業をこなしているイメージがあるものの、チームで一つのものを作り上げるにはコミュニケーションが大事です。

そのため、職場でコミュニケーションが上手く取れていないと職場の人間関係が悪くなりやすく、以下のような状態に陥ります。

  • 嫌味を言ってくる上司の下で働かなければならない
  • 人見知りでコミュ力のない同僚と仕事をしなければならない
  • 納期が近くなると職場全体がギスギスした環境になる

こういった環境で働き続けるのは非常に辛いのですが、フリーランスへと転向すれば人間関係での悩みは圧倒的に減りますよ。

顧客とコミュニケーションを取らなければならない点では一緒でも、嫌な人と一緒に仕事をせずに済んだり乗り気ではない飲み会へと参加したりしなくても良いのは心の負担が一気に和らぐのです。

自分で仕事を選べる

フリーランスのエンジニアになれば、自分で自由に仕事を選ぶことができます。

会社員として働いていて、次の悩みを抱えている方はいませんか?

  • やりたくもない仕事を延々とこなすのが嫌だ
  • 自分の成長に繋がる仕事をさせてもらえない
  • 今の仕事を正当に評価してもらえない

誰かの下で働いている以上は、自分の思い通りにならなくても我慢が必要ですよね。

しかし、フリーランスはやりたい仕事を選んでキャリアを作れるのが大きなメリットで、努力を積み重ねていれば自分が望むエンジニアへと近付いていくでしょう。

様々なスキルが上がる

フリーランスのエンジニアへと転向すると、今までとは違って様々なスキルが上がります。

エンジニアとしての技術やスキルに加えて、フリーランスになると以下の業務も自分でこなしていかなければなりません。

  • 案件を探して顧客と交渉する
  • 請求書の発行や各種手続きを行う
  • 複雑に入り組んだ事象の問題を特定して解決する

プログラミングだけをすれば良いわけではなく、他の業務も並行してこなさなければならないからこそビジネスパーソンとしての幅が広がるわけです。

フリーランスのエンジニアとして成功し続ける秘訣は?

「転職してフリーランスになりたい」と今の会社の上司に伝えた時に、「世の中そんなに甘くはないぞ」と言われることも多いでしょう。

確かに、正社員の道を選ぶよりも安定はしないので、仕事をこなしていく中で様々な壁にぶち当たることがあります。

そこで、以下ではフリーランスのエンジニアとして成功し続ける秘訣を幾つか紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

  1. JavaやPHPなどの代表的な言語だけではなく、幅を増やして言語開発のスペシャリストになる
  2. 漫然と学習を続けるのではなく、市場の動向を見ながら次に身に付けるべき言語を絞っていく
  3. 自身のスキルや技術を向上させるために、学習し続ける姿勢を忘れないようにする
  4. 身体と心に余裕を持って仕事へと取り組むために、仕事と家庭環境のバランスをしっかりと取る

様々な角度から自身の技術力やスキルを向上する努力をしていれば、次の契約や継続案件に繋がりますよ。

エンジニアがフリーランスへと転職するリスクやデメリットに注意!

好きな時間に働いたり自分で仕事を選べたりと聞き、「フリーランスって何て良い仕事なんだ!」と想像しているエンジニアはいませんか?

個人のスキルや技術力によっては自由度が増すだけではなく、会社員時代よりも大きく収入をアップできた方はいます。

しかし、世の中甘い話ばかりではなく、フリーランスにもリスクやデメリットがありますので注意が必要です。

以下ではエンジニアがフリーランスへと転職するリスクやデメリットをまとめていますので、今の会社を辞める前にきちんとチェックしておきましょう。

  • システムの開発や運用保守、サーバーの構築などあらゆる業務を一人でこなさなければならず、仕事で困った時に相談する相手がいない
  • 今までと同じ報酬を継続的に受け取れる保証は一切なく、フリーランスは独立前の約2倍を目安に収入を貰う必要がある
  • 技術について学習する環境を自ら求めて足を運ばなければ、技術力やスキルが衰えて案件や契約を獲得できなくなる
  • 大型の案件ではディレクションをする人間が必要で、フリーランスだと腕の良し悪しをアピールするのが難しい
  • 取引先との繋がりで会社を辞める前に「独立したら仕事を振りますよ」と口約束をしてくれる人がいるが、どこまで関係性を維持できるのか分からない
  • 開発や制作などの業務を行いながら営業活動を並行して行うのは、想像しているよりも遥かに難しい
  • 仕事で用いる最新技術を学ぶ場所を作り続けないと顧客のニーズに応えることができず、仕事がどんどん減って収入が途切れる
  • 想像しているよりもフリーランスのエンジニアはお金がかかりやすく、リスクコントロールをせずにスタートすると失敗しやすい

「何となくやっていけそうだから」「自分に向いていそうだから」といった気楽な気持ちでフリーランスのエンジニアになるのは危険ですね。

個人の性格によっては独立するよりも会社の中で働く方が向いているケースもあるため、本当にフリーランスになって大丈夫なのか自己分析をしなければなりません。

会社員のエンジニアとして働くメリットは?

フリーランスではなく、会社員のエンジニアとして働くに当たってどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 仕事や業務で困った時に同僚や上司など近くに相談できる相手がいる
  • 給料やボーナスなど毎月決まった収入を得ることができる
  • 健康保険や雇用保険へと加入していれば、病気になっても収入は途絶えない
  • 勉強会の受講料はほぼ会社持ちで、エンジニアとしてスキルを上げる教育環境が整っている
  • ブラックでなければ週休1~2日は可能で、仕事とプライベートの切り替えがしやすい
  • 社会的な信用があり、クレジットカードや住宅ローンの審査に通りやすい

過酷な環境ばかりに目がいってしまう気持ちは分かるものの、会社員にはフリーランスとは違ったメリットがあります。

今の職場や環境に不満を抱いているのであれば、転職すればOKですよ。

当サイトで紹介しているアールストーンは、IT業界やゲーム業界に特化した転職支援サービスとなっています。

80%の方が100万円以上の年収アップを実現していますので、転職を考えているエンジニアはフリーランスになるのではなく、以下で自分に合う職場を探してみてください。

エンジニア転職エージェントおすすめベスト3

エンジニアが満足のいく転職を進めるには、事前にしっかりと転職エージェントを比較しないといけません。転職エージェントには様々な業種や職種を取り扱う総合型と、IT業界などに特化した専門型があります。さらに在籍しているコンサルタントやアドバイザーの品質も気になります。当サイトおすすめ転職エージェントをご紹介します。

1位:Geekly(ギークリー)

「IT業界」「WEB業界」「ゲーム業界」向けのエージェントGeekly(ギークリー)はビジネス色の強いサービスとなっている。

転職までのスピードは圧倒的に早く、最短で登録から1ヵ月以内で理想の転職に成功できたエンジニアもいました。

Geekly(ギークリー)はIT業界専門だからこそ、「提案力=求人数×IT業界」という紹介実績を誇っています。

2位:WORKPORT(ワークポート)

エンジニアやプログラマなど、IT業界で働いている方が転職活動を始めるに当たって、WORKPORT(ワークポート)は絶対に登録しておきたい転職エージェント。

運営開始から15年間の実績を持ち、きめ細やかな対応で今までの実績は35万人となっている。

「今すぐに転職を始めたい」「転職しようか迷っている」など、エンジニアを中心にITに携わっている人であれば誰でもWORKPORT(ワークポート)を利用すべきです。

3位:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界への転職を考えているエンジニアを徹底的にサポートしてくれる転職エージェントです。

レバテックキャリアは1年間で累計3,000回の企業訪問を行い、他の求人サイトにはない非公開の高給与求人を紹介してくれる。また東京や神奈川などの関東圏に加えて、関西地方や九州地方の求人も数多く取り扱っています

求人数の多さとサポート体制の手厚さがレバテックキャリアの魅力で、書類選考率や内定率は非常に高くなっています。

Copyright© エンジニア転職|年収・キャリアアップの転職サイト比較 2019年 , 2018 All Rights Reserved.