エンジニア転職|年収・キャリアアップの転職サイト比較 2019年

エンジニアこそ転職!自身のキャリアアップ・給料アップには転職を視野に置くのが一番です。

エンジニアがうつ病を発症しやすい理由!転職を考えた方が良い?

更新日:

他の業界と比べて、システムエンジニアやWeb系エンジニアなどIT業界で働く人はうつ病を発症しやすい特徴があります。

以下ではエンジニアがうつ病を発症しやすい原因や転職した方が良い理由をまとめていますので、一度目を通しておいてください。

エンジニアがうつ病を発症しやすい理由は?

仕事のストレスでうつ病になる方は多く、肉体的な疲れや精神的な負担が大きな原因です。

どの業種や職種にも該当しますが、中でもエンジニアはうつ病になりやすい特徴があります。

  • エンジニアとして働くこと自体が嫌になってしまった
  • 今の会社で働き続けていると精神が壊れそう
  • もう何もかもが信じられない

上記のようなエンジニアは意外と多く、苦労が積み重なって気分が落ち込んだり意欲が低下したりと様々な症状が引き起こされます。

以下ではエンジニアがうつ病を発症しやすい理由をまとめていますので、一度チェックしておきましょう。

ブラック企業で過酷な環境で働かされている

ブラック企業で過酷な環境で働かされているエンジニアは多く、うつ病を発症する大きな理由です。

ブラック企業と一口に言っても様々ですが、具体的にどんな環境が該当するのか見ていきましょう。

注意ポイント

・残業も出ない状態で毎日終電まで働いては朝に出勤する過酷な環境で過ごしている
・処理できないほどのタスクを振られて、仕事が終わるまで家に帰ることができない
・アラートが上がった場合は解決するまで徹夜や泊まり込みで仕事を続ける必要がある
・技術や現場のことが一切分からない無能な上司ともより良い人間関係を築かなければならない

一昔前と比べるとIT業界でも、働きやすい労働環境や福利厚生がしっかりとしている会社は増えています。

しかし、エンジニアを取り巻く環境でストレッサーが多いのは事実で、肉体的にも精神的にも限界を超えるとうつ病を発症してしまいます。

不規則な勤務体系で働かなければならない

日勤労働ではなく、次のように不規則な勤務体系で働いているエンジニアは少なくありません。

  • 深夜から朝型にかけて働く夜勤労働者
  • 長時間労働になりやすい交代勤務労働者

不規則な勤務体系で働いていると、日勤労働者と比べてうつ病や自律神経失調症など精神的な疾患を患いやすいというデータが出ています。

一般的な生活サイクルとは違い、夜勤で睡眠のリズムが崩れて中途覚醒や熟眠障害などの不眠症に繋がりやすいのが理由ですね。

睡眠障害とうつ病には密接な関係性がありますので、夜勤勤務のエンジニアは十分に注意してください。

上司からのパワハラやいじめに耐え続けている

上司からのパワハラやいじめは、エンジニアがうつ病を発症する大きな理由の一つです。

転職サイトや転職エージェントなどのサービスを提供するリクルートがエンジニアで働く人たちにパワハラに関するアンケートを取ったところ、次の結果が出ました。

ポイント

<いじめられた相手は?>
同じ部署の上司:193人
同じ部署の同僚:85人
他の部署の上司:51人
経営層:27人
他の部署の同僚:25人
同じ部署の部下:14人

注意ポイント

<いじめを受けた期間は?>
3ヵ月未満:24%
3ヵ月~6ヵ月未満:23%
6ヵ月~1年未満:20%
1年~3年未満:21%
3年以上:12%

※参考:https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=002275

「何時間も怒鳴られ続けた」「一人ではこなせない仕事を押し付けられる」など上司からのパワハラだけではなく、同僚からのいじめで悩む人も意外と多いですね。

人間関係のトラブルは精神的なストレスが加わりやすく、我慢し続けているといつかは爆発してしまいますので気を付けなければなりません。

うつ病になりやすい人がIT業界に集まる

立証されたデータは特にありませんが、システムエンジニアやWeb系エンジニアなどIT業界には以下のようにうつ病になりやすい人が集まる傾向があります。

  • 几帳面で真面目で何事にも妥協できない完璧主義の人
  • 「他の人に仕事を任せられない」と責任感が強く、頑張りすぎる人
  • 上司からタスクを背負わされて「できない」と言えない人
  • 人から頼まれた仕事を簡単に断ることができない人
  • 神経質で周りからの評価が人一倍気になりやすい人

上記に該当するエンジニアは精神的に脆く、一度崩れると中々立ち直ることができません。

仕事へと真面目に取り組んでいたり責任感が強かったりといった性格の人は頼もしいのですが、ストレスに弱くて無理を重ねているとうつ病を発症しやすいので注意が必要ですよ。

うつ状態のエンジニアは早めに転職しよう

仕事での疲れやストレスが溜まり、うつ状態に陥っているエンジニアは早めに転職した方が良いでしょう。

次の症状が日常生活で出ている人は、軽いうつ状態だと判断できます。

  • 仕事に行きたくない(家を出る前に止まってしまう)
  • 月曜日が近付くにつれて憂鬱な気分になる
  • 仕事に行ってもやる気やモチベーションが上がらない
  • 疲れやすくて疲労感が溜まっている

誰でも気分が落ち込むことはありますし、軽い症状であれば休みの日やプライベートは普段と同じように楽しく過ごせます。

しかし、うつ状態を放置していると、「休みの日も仕事のことで頭がいっぱいになる」「食べ物が喉を通らなくなる」「慢性的な睡眠不足に陥る」など、本格的なうつ病を発症しやすいので注意しなければなりません。

精神的に辛い状態を我慢してまで今の会社で働く理由はないため、思い切って転職して新しい道を歩むべきです。

転職を成功させたい人は転職エージェントを利用しよう

転職を成功させたい人には、転職エージェントの利用をおすすめします。

自分一人で転職活動を行う転職サイトとは大きく異なり、豊富な経験や業界知識を持つキャリアコンサルタントやアドバイザーのサポートを受けながら転職できるのが転職エージェントの魅力的なポイントですね。

転職エージェントへと相談すれば、以下のように自分の希望に合わせた転職ができます。

ポイント

システムエンジニアからWeb系エンジニアと他業種へと転向する

ITエンジニアから営業職と別業界へとチャレンジする

軽いうつ状態になるのは限界が近いことを知らせてくれる合図ですので、今の仕事や職場に固執する必要はありません。

大手のサービスのリクルートエージェントは、「取引者数約1万4000社」「登録者数約50万6000人」「転職決定者数約3万2000人」と業界でナンバーワンの実績があります。

必要な人材要件を伺ったり面接対策を徹底したりと各業界に通じたアドバイザーが採用までサポートしてくれますので、転職を考えているエンジニアはリクルートエージェントへと登録してみてください。

IT業界でうつ病になったエンジニアは未経験の分野にチャレンジしよう

同じIT業界でも、エンジニアへの待遇は会社によって違いがあります。

労働者を過酷な環境で働かせているブラック企業があれば、労働環境や福利厚生が整っている会社など様々ですね。

そのため、前の職場での知識やスキルを活かすために、「システムエンジニア⇒Web系エンジニア」といったように異業種へと転職が良いでしょう。

しかし、同じIT業界だと状況が大きく変わらないケースもありますので、IT業界でうつ病になったエンジニアは未経験の分野へとチャレンジするのも選択肢の一つです。

注意ポイント

・あらゆる業界の求人を取り扱っている転職エージェントを利用する
・スクールへと通って次の業界に必要な資格を取得する
・面接の前に業界研究を念入りに行う
・前職で養ったコミュニケーション能力をアピールする

これらの点に気を配っていれば営業職など別の業界で働くこともできますので、エンジニアに拘らずに視野を広げて転職活動を行ってみてください。

エンジニア転職エージェントおすすめベスト3

エンジニアが満足のいく転職を進めるには、事前にしっかりと転職エージェントを比較しないといけません。転職エージェントには様々な業種や職種を取り扱う総合型と、IT業界などに特化した専門型があります。さらに在籍しているコンサルタントやアドバイザーの品質も気になります。当サイトおすすめ転職エージェントをご紹介します。

1位:Geekly(ギークリー)

「IT業界」「WEB業界」「ゲーム業界」向けのエージェントGeekly(ギークリー)はビジネス色の強いサービスとなっている。

転職までのスピードは圧倒的に早く、最短で登録から1ヵ月以内で理想の転職に成功できたエンジニアもいました。

Geekly(ギークリー)はIT業界専門だからこそ、「提案力=求人数×IT業界」という紹介実績を誇っています。

2位:WORKPORT(ワークポート)

エンジニアやプログラマなど、IT業界で働いている方が転職活動を始めるに当たって、WORKPORT(ワークポート)は絶対に登録しておきたい転職エージェント。

運営開始から15年間の実績を持ち、きめ細やかな対応で今までの実績は35万人となっている。

「今すぐに転職を始めたい」「転職しようか迷っている」など、エンジニアを中心にITに携わっている人であれば誰でもWORKPORT(ワークポート)を利用すべきです。

3位:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界への転職を考えているエンジニアを徹底的にサポートしてくれる転職エージェントです。

レバテックキャリアは1年間で累計3,000回の企業訪問を行い、他の求人サイトにはない非公開の高給与求人を紹介してくれる。また東京や神奈川などの関東圏に加えて、関西地方や九州地方の求人も数多く取り扱っています

求人数の多さとサポート体制の手厚さがレバテックキャリアの魅力で、書類選考率や内定率は非常に高くなっています。

Copyright© エンジニア転職|年収・キャリアアップの転職サイト比較 2019年 , 2018 All Rights Reserved.