エンジニア転職|年収・キャリアアップの転職サイト比較 2019年

エンジニアこそ転職!自身のキャリアアップ・給料アップには転職を視野に置くのが一番です。

エンジニアの転職でベストなタイミングは?時期で違いはある?

更新日:

エンジニアの転職でベストなタイミングがあるのかどうか、疑問を抱えている方は少なくありません。

エンジニアに限らず全ての業種や職種に該当しますが、前職を辞めたいと考えた時が一番良い時期ですね。

エンジニアの転職でベストなタイミングはあるの?

正社員として働いている人がどのような理由で、「仕事を辞めたい」「退職したい」と考えるのか幾つか見ていきましょう。

  • 給与や年収が低くて我慢できない
  • 福利厚生があまり良くない
  • 職場の人間関係が良くない
  • 休日や残業時間などの労働環境が悪い
  • 今の仕事を正当に評価してもらえない
  • 仕事内容にやりがいを感じられない
  • 経営理念や社風が自分と合わない

給与が低かったり人間関係が悪かったりといった内容は、退職の大きな理由となります。

「エンジニアは一人で黙々と作業をすることが多いから人間関係の悩みは少ないのでは?」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

しかし、どんな業種や職種でも同僚や上司とより良い関係を築かなければならず、「この職場ではやってられない」「ストレスが溜まってうつになりそう」と肉体的にも精神的にも負担が大きくなれば転職のベストなタイミングですよ。

会社で少しでも嫌なことがあったら転職した方が良いと一概には言い切れないものの、不満を抱きながら働くことで次のデメリットがあります。

  • 仕事に対してストレスが溜まって何事も投げ出したくなる
  • 年齢を重ねると転職のタイミングを逃してしまう
  • キャリアアップの道が閉ざされてしまう

ハードワークになりやすいエンジニアは若い時期に頑張らなければならないので、辞めたいと思った時に別の会社への転職を考えてみてください。

エンジニアの転職で年齢はあまり関係ない

エンジニアの転職では、「自分はもう30代だから・・・」「20代を過ぎてしまったから・・・」とあまり年齢を気にする必要はありません。

エンジニア歴があれば20代は引く手あまたですし、30代から更なるキャリアアップを目指して転職している方はたくさんいます。

20代と年齢が若ければ未経験からでもエンジニアへと転職が可能で、その理由を以下では幾つか挙げてみました。

  • 経験を持つエンジニアは給与水準が高く、小さな企業だと採用する体力がない
  • オンラインでプログラミングを独学で学べる環境が現在では出来上がっている
  • ITエンジニアやシステムエンジニアになる障壁が下がっている

営業職からエンジニアへとキャリアチェンジするケースも多く、20代でも30代でも十分にチャンスはありますよ。

「エンジニアは35歳がキャリアとして限界だ」と囁かれていますが、この業界では後輩エンジニアを束ねていくリーダーが必要です。

35歳を過ぎて未経験で飛び込むのはハードルが高いとしても、技術力やスキルを持っている人であれば30代のタイミングでキャリアアップを考えてみてはいかがでしょうか。

エンジニアへの転職を成功させたいと考えている人には、転職エージェントのアールストーンがおすすめです。

アールストーンはIT業界やWEB業界に特化した転職エージェントで、どんな特徴を持つサービスなのか見ていきましょう。

  • IT系やWEB系の業界に精通したプロのコンサルタントがアドバイスやノウハウを提供してくれる
  • 2007年の創業から積み重ねてきた実績で、面接確約求人や弊社限定求人を紹介してくれる
  • 今のスキルをもとに機械的にマッチングするだけではなく、正面から向き合った提案をしてくれる

転職をせずに今の企業で働いた方が良いのか、直ぐのタイミングで転職を考えるべきなのか将来なりたい姿やその人の持ち味に合わせてベストなキャリアを提案してくれます。

10年間で2万人以上の転職支援実績が信頼の証ですので、転職した方が良いのかどうか悩んでいる方はアールストーンへと相談してみてください。

エンジニアの転職でベストな時期はあるの?

IT業界は他の職種と比べると入れ替わりが激しく、高いスキルを持っている人でも転職回数が多いケースは珍しくありません。

そのため、一年中に渡って中途採用を行っていますが、エンジニアの転職でベストな時期はあります。

1年間のくくりで見てみると新入社員が入る3月~4月、9月~10月が転職で行うべき時期で、その理由を幾つか挙げてみました。

  • 新卒者の募集や途中退職者の補充の求人がある
  • 求人数が多くて希望の転職ができる確率が高くなる

求人数が少ないと当然のように選択肢が狭くなるため、今直ぐの転職を希望していないのであれば「3月~4月」と「9月~10月」の時期に焦点を当ててみてはいかがでしょうか。

とは言え、営業や企画などの職種と比較してみると、IT系エンジニアは求人数において月ごとの変動はそこまで大きくありません。

慢性的な人手不足から1年間を通して積極的に採用活動を行う企業が多く、「○月に転職活動を行わなければならない」と決める必要はないですね。

一般的に応募してから内定を獲得するまでに1ヵ月~1ヵ月半程度の期間がかかりますので、希望の転職ができるように念入りな準備をしてみてください。

エンジニア転職エージェントおすすめベスト3

エンジニアが満足のいく転職を進めるには、事前にしっかりと転職エージェントを比較しないといけません。転職エージェントには様々な業種や職種を取り扱う総合型と、IT業界などに特化した専門型があります。さらに在籍しているコンサルタントやアドバイザーの品質も気になります。当サイトおすすめ転職エージェントをご紹介します。

1位:WORKPORT(ワークポート)

エンジニアやプログラマなど、IT業界で働いている方が転職活動を始めるに当たって、WORKPORT(ワークポート)は絶対に登録しておきたい転職エージェント。

運営開始から15年間の実績を持ち、きめ細やかな対応で今までの実績は35万人となっている。

「今すぐに転職を始めたい」「転職しようか迷っている」など、エンジニアを中心にITに携わっている人であれば誰でもWORKPORT(ワークポート)を利用すべきです。

2位:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界への転職を考えているエンジニアを徹底的にサポートしてくれる転職エージェントです。

レバテックキャリアは東京や神奈川などの関東圏に加えて、関西地方や九州地方の求人も数多く取り扱っています。

求人数の多さとサポート体制の手厚さがレバテックキャリアの魅力で、書類選考率や内定率は非常に高くなっています。

3位:TechClipsエージェント

専門型のサービスの中でも、TechClips(テッククリップス)エージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。

ITエンジニアが転職で失敗しないように、TechClipsエージェントは親身になってサポートしてくれます。

対応エリアは「東京都」「神奈川県」「埼玉県」「千葉県」に限られますが、首都圏に住んでいる人は是非とも利用して頂きたい転職エージェントです。

Copyright© エンジニア転職|年収・キャリアアップの転職サイト比較 2019年 , 2019 All Rights Reserved.